ユニクロだけで完成!低身長の人がオシャレになる6つのポイントを徹底解説!

洋服はお金をかければかけるほどオシャレになるわけではありません。
ポイントを押さえることで、誰でも簡単にオシャレになれるものです。
また、私と同じく低身長の方も特別なアイテムを使わなくとも、様々なテクニックを使うことでオシャレになれます。
今回は
・ユニクロとGUでオシャレが出来る理由
・小柄な人が使うべき6つのテクニック
・最初に買うべきマストバイアイテム
を紹介させて頂きます。

ファストファッションの凄さとは

まずは現在のファストファッションの凄さをお伝えいたします。
安かろう悪かろうと言われていたのは昔の話になったユニクロ。

なぜ低価格で良品を作ることが可能なのか。
それは様々な理由がありますが、

生産数

も一つの理由です。
海外展開もしているユニクロは、一つの商品を大量に作ることができます。
ワインで例えると、製造年数が古く状態が良いものというのは数が少ないから高価になり、スーパーに置いてあるような大量に作って販売しているワインは安価になります。
もちろん製造過程も違うでしょうが、数が多いものほど安価に作ることができます。
ですので、他のブランドでは数万円するようなアイテムとほとんど変わらないクオリティのものがユニクロでは数千円で販売されることもあります。
ユニクロだから質が悪い
のではなく、

ユニクロだから質が高いものを安く購入できる

に変わったのが現在です。

※ユニクロの価格について詳細な説明はこちらを参照

UNIQLOでオシャレが出来る理由。靴小物含めて【全身1万円】でも「街で振り返られるオシャレ」が作れる!!

低身長の人が覚えておくべきテクニック

そもそもオシャレとは何なのか。
高身長であること、顔がカッコイイこと、高級な服を着ること
様々な解釈が世に溢れていますが、オシャレとは
全体のバランスが整っていること
です。
8頭身モデルという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、それも全体のバランスが整っているということに繋がります。


Photo by http://bit.ly/2RLsOMh

※とても大切なオシャレのバランスについては、こちらを参照してください。必読です!!

【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

しかし日本人は欧米人に比べて童顔で胴長短足の人が多いです。


Photo by http://bit.ly/2QqmfhI

それを根本的に直すのは難しいので、視覚効果を使ってバランスを良くするテクニックを習得しましょう。
テクニックというとズルではないのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、女性がお化粧をして綺麗にしているのと同じだと考えてください。
使っても使わなくても生活ができますが、使った方が自信を持つことが出来る。
知っておいて損するものではありません。

1、ドレスとカジュアルのバランス

洋服の中には二つの種類があります。
ドレスとカジュアルです。
ドレスはスーツで使われるものと覚えてください。

例えば、ジャケット・スラックス・シャツ・革靴ですね
対してカジュアルはスーツで使わないものと覚えてください。

例えば、パーカー・ジーパン・Tシャツ・スニーカーですね。

日本人の多くは上記の写真のようにカジュアルなアイテムを揃えがちです。
しかし、前述の通り、日本人は童顔で短足の方が大多数です。
そして低身長の方はさらに童顔に見られることがあります。
ですので、このバランスというのがとても重要なのです!!
イメージですが、写真1枚目のスーツは大人っぽくて、2枚目の街着は子供っぽくないですか?
大人っぽく見られるためにはスーツ!!と言っても、全身スーツにしたら仕事着になってしまいます。
ですので、その二つをミックスさせることでバランスを取ります。
メンズファッションブロガーのMB氏はドレスとカジュアルのバランスを7:3にしましょうと言います。

参考書籍:MB『最速でおしゃれに見せる方法』扶桑社(https://goo.gl/TlV56C

上記のアイテムをミックスさせると(例、ジャケット、スラックス、パーカー、革靴)

このようになります。
いかがでしょうか?
使っているアイテムをミックスしただけで印象が変わりませんか?
7:3というと難しいかと思うかもしれませんが、
トップス(パーカー部分)
パンツ(スラックス部分)
靴(革靴)
上記のアイテムのうち、2つのアイテムをドレス(スーツ側)にすると7:3になりバランスが取りやすくなります。
ここが一番重要な部分となります!!

2、シルエットはIラインかYライン

今度はアイテムではなく、シルエットのテクニックです。
洋服を着た際に綺麗に見えるシルエットが3つあります。
上半身が細身で、下半身も細身にするのがIライン
上半身が太くて、下半身が細身にするのがYライン
上半身が細身で、下半身が太いのがAライン
となります。
その中でも最初に試していただきたいのがIラインです。

細身のアイテムとは写真のように大きすぎず、ピッタリなサイズのものを言います。
簡単にサマになりますし、すぐに実感していただけるのがIラインとなります。
次にYラインがオススメです。

写真のように冬はパンツを細身にしてアウターにコートを着るとYラインが完成します。
IラインにもYラインにも共通するのが細身のパンツです。
細身のパンツを1本持っているだけで、オシャレに簡単になることができます。
例えばどちらも太いシルエットだとどうなるでしょうか。

オシャレではありますが体型が綺麗に見えるわけではありません。
洋服はアイテムだけでなくシルエットにも気をつけましょう。

※シルエットに関する詳細な解説はこちらを参照してください

「身長が低いとロングコートは似合わない」は嘘?シルエットの基本から見るロングコートの考え方

3、下半身は黒で揃える

脚が短いということを悩む方も多くいらっしゃると思いますが、とても簡単なテクニックが存在します。

靴とパンツ(必要があれば靴下)の色を黒に統一する

たったこれだけで、脚が長く見え、全体のバランスが良くなります。
人の目は色々な情報を取得して判断をします。
例えば、パンツと靴が違う色であると、そこの境目で足の長さを判断します。

この写真を見ると、靴の白が目立ち、足首の位置がどこなのかがすぐにわかってしまいます。
そうすると視覚情報から足の長さを判断されてしまうのです。
そこで、パンツと靴の色を黒にしてみると

いかがでしょうか?差は歴然ですね。
どこが境目かわからなくなるため、足が長く見えます。


(並べてみるとよくわかります)

また、裾の部分に生地が余っていると目立ってしまうので(クッションといいます)、裾を折り返してスッキリ見えるようにするのがポイント。


(このように裾の部分がくしゃくしゃになっているのがクッション)

足が長く見えたからって何が変わるのか?と思われるかもしれません。
こればかりは実践していただかなければ感じることはできないでしょう。
家にある黒のパンツと靴、足首の部分の肌が見えてしまう場合は、黒の靴下も履いてみて鏡で確認してみてください。
スタイルがよく見えるはずです。

「境目がなくなるのはわかったけど、白じゃダメなの?」
という声が聞こえてきそうですね。
もちろん白がNGというわけではないのですが、最初は黒をオススメします。
これは色の効果なのですが、
黒は細く見える色(収縮色)
白は太く見える色(膨張色)
という性質があります。

上記の左側の画像は少しだけ白が小さいのですが、同じ大きさに見えませんか?
これが目の錯覚です。

先ほどもお伝えした通り、オシャレはバランスで決まります。
脚長効果があっても足が太く見えてはバランスが悪くなってしまいますので、最初は黒で統一することをオススメします。

※より詳細な解説はこちらを参照してください

【前回記事スキニーデニムの補足】脱短足!脚を長く見せる裏技はコレ!視覚効果で誰でも美しいスタイルに!

4、首回りにアイテムを持ってくる

何度もお伝えしている通り、コーディネートは全体のバランスで印象が決定します。
広告に載っているモデルを見ていただくと、頭が小さいのがわかると思います。
それは頭が小さいほうが全体のバランスが整い、スタイルを綺麗に見せることができるからです。
とは言え脚の長さ同様、頭の大きさを変えることはできません。
ですので、頭を小さく見せる視覚効果を使います。
その方法は、首回りにアイテムを持ってくるという簡単な方法です。
首回りにボリュームあるアイテムを持ってくると、顔が小さく見えバランスが良く見えるという効果があるのです。
本当に効果があるのか疑わしいものなので、下記の画像で比べてみましょう。

いかがでしょうか?
左側の首回りに何もないものより、右側のストール(マフラーより薄手のアイテム)を巻いている方が小顔に見えませんか?
そうすることで全体のバランスが整い、綺麗なコーディネートになります。
特に身長という部分でバランスが劣っていると感じる人は意識してみてください。
※より詳細な解説はこちらを参照してください

【楽天で十分!スヌードにはお金をかけるな】印象が激変する大判スヌードの着こなし方法!海外ファッションスナップで合わせをケーススタディ!!

5、腰位置を隠す

下半身は黒で揃えるという部分で脚長になる効果を説明しました。
もう一つ脚長に見せるテクニックは

腰の位置を隠す

です。
先ほども説明したとおり、人間ははっきりと境界線がわかると、そこでバランスを判断します。
人間のバランスは足元だけで判断されません。
どこに腰があるかという点でも判断されてしまうのです。
ですから、腰の位置を隠してしまえば、どこまでが腰なのかがわからなくなり、脚が長く見えます。
例えば

上記を見比べてどうでしょうか。
カバンが前にあるだけで腰の位置がわかりづらくなります。
もちろんそんなに劇的に長く見えることはありません。
しかし小さな差異が大きな結果を生み出すことは間違いありません。

6、三首に装飾する

三首とは、首・手首・足首の三つを指し、ここは人の体の中でも目立つ部分です。
そこに何かしらの装飾をすることを視線を誘導させます。
例えば手首に何もないものとアクセサリーを着けたものを比べてみましょう

いかがでしょうか。
手首に何もないと少し寂しい感じがしませんか?
手首にアクセサリーを身に着けるのはハードルが高いと思われるかもしれませんが、時計でしたら、違和感なく取り入れられるでしょう。
それは時計には時間を見るという役割がありますので、自然なアクセサリーになるかあらです。
首に関しては上記で説明した通りとなります。
足首に関しては、靴下を見せる又は見せないというのがポイントになっていきます。
ここで大切なのは、中途半端に見せないということです。

こちらの写真のように靴下も肌も見えてしまうと、変に目立ってしまいます。
それでしたら、靴下が見えないインビシブルソックスを使うか、柄が入ったものやパンツ・靴と色を合わせた無地の靴下を履いて、見せるようにします。

例えば、靴下が見えないものを履いた時、すっきりとした印象を与えるだけでなく、足の中で一番細い足首が見えることで、足が細く見える効果もあります!!


左:インビシブルソックス 右:普通の長さの靴下

いかがでしょうか。
足首の部分が違うだけで、印象が変わりませんか?
三首は重要な部分です。
だからと言って全部を使わないとカッコよくならないわけではありません。
取り入れられるものを取り入れることが大切です。
これを意識すると、鏡で見た自分の評価だけでなく、他人からの評価も変わっていくでしょう。

※より詳細な解説はこちらを参照してください

【ハッピーソックス?靴下屋?】メンズはどのソックスを選べばいいの?見せソックスの合わせ方と正解について解説!


最初に手に入れたいオススメのアイテム

続きまして、最初に手に入れたいオススメのアイテムをご紹介します。
既に完売しているアイテムもございますので、同じようなアイテムを購入できるよう、アイテムを選ぶポイントもお伝えいたします!!

靴の選び方とオススメアイテム

最初は靴の選び方です。
低身長をカバーするために厚底の靴にしたり、大きく見せるためにぼてっとした靴を選びがちですが、なるべく底が薄くシュッとしていているものを選ぶことをオススメします。
それは、視線を足元に行かせないためで、足元に視線がいくと身長が目立ってしまうのです。
また、カラーはブラックを選ぶことで脚長効果を最大限引き出すことができます。
そんな条件を満たした素晴らしいアイテムがこちら!!
BRAND:CONVERSE
ITEM:ALL STAR HI BLKモノクローム
PRICE:5,184円(税込み)
[リンク] http://urx2.nu/MkQ3

オールスターのスニーカーと言えば誰もが目にしたことがあるでしょう。
その中でもロゴマークから紐を通すリングまで黒で統一したハイカットのものをオススメします!!
先ほどお伝えした条件を満たすだけでなく、ハイカットというのが脚長効果を引き出すのに良い働きをしてくれます。
色々な所で販売されていますので、ぜひ黒のパンツを履いて試着し、鏡で見てみてください!!

パンツの選び方とオススメアイテム

続きまして、パンツの選び方です。
パンツで失敗しない方法は、黒色を選ぶこととピッタリしたサイズを選ぶことです。
黒色を選ぶことで脚長効果を最大限引き出すことが出来て、ピッタリしたサイズでIラインやYラインを作ることができます。
しかしスポーツをやっていた人等、ピッタリしたサイズを履くのが難しい方もいらっしゃるでしょう。
そういう時は、裾に向かって細くなっていくテーパードパンツというものを選んでください。
テーパードパンツとは、太もも回りはゆったりしていますが、足首に向かって細くなっていくパンツです。
人は先端で印象を左右するので、太もも周りが太くとも足首付近が細ければ細く見えるもの。
テーパードパンツであれば、ストレスなくシルエットが綺麗なパンツを履くことができます。
そんなパンツの中で手に入れたいのが、黒のスラックスとデニムです!!

RAND:UNIQLO
ITEM: EZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX・丈標準66~72cm)
PRICE:3,229円(税込み)
[リンク]https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408990

こちらは素材感やポケットの形がスラックスに近いアイテム。
ウエストがゴムなので、足の長さに合わせてウエストの位置を上下できて裾上げをする必要がありません。
少しウエストの位置を上げて足首を見せることもできます。

BRAND:UNIQLO
ITEM:ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ
PRICE:4,309円(税込み)
[リンク] https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408490-64#colorSelect

デニムはカジュアルなアイテムですが、スーツでよく使われる黒を選ぶことで、カジュアルだけどドレスの要素もあるというハイブリッドアイテムとなります。
こちらのアイテムは伸縮性が抜群で、座ってもストレスを感じることがありません。
ぜひ試着をしてみてください。感動すること間違いなしです!!

トップスの選び方とオススメアイテム

トップスは出来る限りシンプルなものを最初はオススメします。
もちろん柄が入っていたらダメというわけではありませんが、最初はシンプルなアイテムの方が変化を実感しやすいからです。
沢山の色や柄が入っているものを着こなすためには、様々なバランスを考える必要があります。
ですから、最初はシンプルに無地のアイテムや、ワンポイントのデザインのものを選んでみてください。
また、サイズは身体にフィットしているものが合わせやすいです。

BRAND:UNIQLO U
ITEM:スウェットプルパーカ(長袖)
PRICE:4,309円(税込み)
[リンク] https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411591-47

パーカーは誰でも持っているアイテムかと思いますが、ユニクロのパーカーは特にオススメです!!
その一番のポイントはフードの部分。
首の回りにアイテムを持ってくることで小顔効果があると説明しましたが、ユニクロのパーカーはフードが立つように工夫がされています。
フードが立つとストールを巻かなくても、首回りにアイテムを持ってくることが出来ます。
ストールはハードルが高いという方は、ぜひユニクロのパーカーを手に入れてみてください。
また、少し派手な色のように感じるかもしれませんが、明るい黄色ではなく暗い黄色を選ぶことで、派手すぎないものになっています。
下半身を黒でまとめた場合は、色がある方が地味な印象がなくなります。

BRAND:UNIQLO U
ITEM:タートルネックT(長袖)
PRICE:3,229円(税込み)
[リンク] https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411598

このアイテムの特徴もパーカーのフードと同じく、タートルネックになっているため、首元をカバーすることができます。
パーカーは暑くなる初夏や初秋に役立つアイテムとなります。

もちろん普通のTシャツがダメというわけではありません。
小顔効果を出すためには上記のアイテムのように首元をカバーしているものの方が手軽に効果を得ることができます。

オススメアイテムを使ったコーディネート

今まで紹介したテクニックやアイテムを使ってコーディネートを作りました!!

アイテムを足したり引いたりすることで完成する3パターンコーディネート

パーカーはカジュアルアイテムですが、下半身を細身にして黒で統一することで脚長効果を出し、上下細身のアイテムを使うことでIラインにしました。野暮ったい印象はなく、綺麗にバランスが取れています。
パーカーのフードが首元をカバーしているので小顔効果もあり、インナーに白のタートルネックを入れて、裾を少し出すことで、アクセントを入れています。
ポイントは少し出すということ。出しすぎるとだらしなくなってしまうので、注意が必要です。
また、ジャケットと合わせたセットアップをお持ちでしたら

このように上から羽織ることでパーカーをインナーにしてもいいでしょう。
セットアップは仕事着に見られやすいですが、パーカーを入れることでその心配も解消できますし、フードを外に出すことで、首元をカバーできます。
そしてパーカーを脱いでみると

全然違ったコーディネートに変身します。
袖をまくることで、手首を出し、アクセサリーを身につけることで目立つ手首をカバーしています。
白と黒のモノトーンでシンプルなコーディネートですが、シンプルだからこそ細部に気をつけることで、オシャレになります。

ちょっと良いかもと感じるところから

すぐにでも実践できる考え方やテクニックをお伝えしましたが、全て実践していただくことで実感していただけます!!
家にあるアイテムやユニクロに行った時、ぜひ試着してみてください。
ちょっと良いかも
と感じるところからスタートしましょう!!